やはり新車に車両保険は必須です!

今まで中古車しか乗った事がなかった私が、5年前の車の買い替えで初めてピカピカの新車を買ったときのことです。中古車故、それまで車両保険には入った事がなく、車を擦ったりぶつけたりということもほぼなかったので、あまり車両保険の必要性を感じていませんでした。
しかし、車販売店に強く勧められたため、「1年くらいは入っておいてもいいかな」くらいの軽い気持ちで車両保険に加入をすることにしたのです。結果、本当に入っておいてよかったと心から思いました。なんと、納車1ヶ月経たずに側溝に車を落とし、2ヶ月目には、職場の門柱にぶつけるという自体。車の大きさが変わった事もあったのかもしれませんが、我ながらショックでした。側溝に落としたときの傷に加え、門柱にぶつけた際は、左の後ろドアを全部取り替えるくらいのひどさで、30万円ほどの費用がかかり、全て入ったばかりの車両保険でまかないました。翌年の保険料が少々高くなってしまいましたが、新車なのに直さないわけにもゆかず、ましてや自費も辛かったので本当に車両保険に助けてもらいました。新車購入の際は、車両保険は必須だなあと実感した次第です。その後も、毎年車両保険はつけるようにしています。